亀の尾

亀の尾

販売価格: 1,296円

この商品にはポイントはつきません。

在庫あり
数量: kg

岩手県遠野市の米農家「勘六縁」です。皆さまに支えられ、今年で8年目の収穫を終えることができました。ありがとうございます。

私たちの住む遠野市小友町は、遠野の中でも山間部に位置し、水がきれいな場所です。古くは、金山の町、内陸と沿岸を結ぶ宿場町として栄えていたようです。

無肥料・無農薬の自然栽培、さらに天日干しでのお米作りをしています。品種は、日本のお米の祖先にあたる「亀の尾」、冷害の常襲地帯だった遠野で生まれた「遠野4号」の2つが中心です。

「亀の尾」は、これまでずっと作り続けてきました。就農当初、販売で苦戦しましたが、お客さまはじめ、地域の方々や周りの方々に支えて頂き、これまで続けてくることができました。作る喜び、お客さまとつながる喜びを教えてくれた品種です。また、自然栽培は、人がいて、種と土さえあれば食べ物を作ることができる自立した作り方だということ、日本のお米の祖先にあたるということは、日本の稲作の原点であり、今の食卓に大きく貢献しているということを、「亀の尾」を通して学びました。

ただ、寒冷地のこの場所では、安定的に生産できないという課題がありました。そこで、4年前から試験栽培を始めてきたのが「遠野4号」です。遠野でもともと作られていた在来品種を両親に持ちます。いまでは作る人がいなくなりましたが、近所のばっちゃんに聞くと、「よくとれだった(よく獲れた)」と話しをします。今年も含めて、ここ数年は天候不順が続き、収穫量が安定しない年が続いています。そんな中でも力強く育つ姿をみて、この地域で生きるためには、この場所に合ったものづくりの大切だということを教えてくれました。今年から販売を開始しています。

夏の寒さにより、収穫量が少ない年が続き、2015年のセット販売以降はなかなかよいご報告ができずにいました。今年は久々に予想収穫量に近い収穫があり、嬉しい秋となりました。砥意志のお客さまへもこのようにご案内できること、とても嬉しく、光栄に思っております。もしよろしければ、皆さんへもお届けできたら幸いです。

他の写真

  • 田植えの風景
  • 収穫目前!
  • 勘六縁の皆様です。